扱いづらい・・

過去、SFAを使ったことのある方なら、「扱いづらい・・」と感じられたのではないでしょうか。どうしてもアメリカから入ってきたツールは、最初のうちは扱いづらいですよね。取説の言葉も変だったり、操作性もぎこちなく、機能も使いづらい。というか、ピッタリ自社にハマる機能が無かったり、というように、いろんな面で扱いづらいツールがSFAだったんです。

しかしここ数年でSFAは格段に進歩しています。機能もそうですが、何よりも操作性が改善され、日本人に合った画面作りも行われているんです。中には、ITリテラシーが低くても使えるSFA、入力作業が簡単で、エクセルのような使い心地といったものもあるようです。

使いやすくなれば営業マンたちも更新することを負担に感じなくなりますし、日々の営業プロセスも蓄積されていくため、SFA本来の目的も達成することができるようになります。

必要な機能だけをカスタマイズして導入できるものもあるため、過去に一度苦い経験をした方も、再度チャレンジするのも良いかもしれませんね。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>