名刺管理と連携で

SFAを使いはじめるときに推奨されているのが、名刺管理と連携すること。すでにデジタルの名刺管理を使っていれば、そのツールと連携できるものを選ぶことが良いようです。その訳は、SFAを始める際にもっとも大変なのが見込み顧客の情報入力作業なんですよね。顧客の名前から電話番号、住所、そしてメールアドレス。漢字やひらがなはまだしも、数字、アルファベットはやはり入力にミスが出やすいものです。何度も見返していればそれだけで時間も手間もかかってしまいます。SFAの機能を使う前に、営業マンは疲れ果てる、そんな現実もあるんですね。

そこで、名刺をスキャンして自動でデータ化できる名刺管理を使うわけです。もともとこのツールを活用していれば、そこからデータを移行することもできますし、新しい顧客情報は名刺をスキャンして移行。実際にSFAに情報を入力していた人は、この作業が無くなると聞くだけで大喜びしていました。

SFAは情報があって初めて分析ができるようになります。少しでも前段階での負担を減らしたいものです。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>