自社の人脈も可視化

SFAを使えば、自社の人脈も可視化できます。名刺管理のアプリやシステムを活用してまず社内に眠っている名刺をデータ化します。すると、このシステムの中で人脈が形成されるんです。顧客や見込み顧客が全て洗い出されるだけでなく、自社の従業員とのつながりが分かり、自社内外での人脈形成も行われるんですね。

見込み顧客となっているA社にアプローチをしたくても、どこから手を付けて良いのかわからない。しかしSFAのデータより、自社が過去にどんなつながりがあったのかをまずチェックできるようになります。そして、取引があった場合にはその際の人事を確認。もし取引がなかったりアプローチだけの場合にも、その時の状況をチェックすることができます。何もつながりなくアプローチするよりも、過去に少しでも接点があれば、それを起点としてつながりを作っていくことができます。

アプローチをされる会社としても、何もつながりが無い会社は信頼性は低いものです。ほんのちょっとのつながりを探し出すことも、SFAならできるかもしれません。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>