実は今も続いていた

よく、昭和は属人的営業が主流であり、それを引き継いでいる恒例の営業マンは未だに勘や経験、そして根性という3Kを行っていると聞きます。確かに、営業は人とのやり取りが重要ですし、勘も経験、根性も時には重要となってきます。しかしがむしゃらに時間をかけて無駄に営業をかけるより、SFAなどを活用したうえでこれらの3Kをうまく利用していけば、さらに良い営業ができるというのが、現代の営業ですよね。

ただ新人の営業マンでもこの3Kを実践している姿が見受けられるそうです。本当ですかね。経験も知識も無い新人営業マンが勘や根性だけで営業先を回っても、取引する顧客としては迷惑なだけかもしれません。こういった場合にも、SFAによってまずはその取引先の人事、ニーズのある製品やサービス、これまでの営業履歴などを踏まえたうえで営業先に向う。そして、若い世代の得意とするスマホで調べる、ということをプラスアルファすれば、さらに印象は良くなるでしょう。

特に、業界の情報、ライバル会社の情報など、売り込みだけではなくて取引先の担当者の為になるような情報収集がおすすめです。


This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>