実際にはどんなセグメントと施策が?

CRMを使えるようになると、顧客をセグメントできる、その段階に合った改善策を作ることができる、と言われていますよね。では、実際にはどのようなセグメントができ、改善策を作ることができるのでしょうか。

セグメントするにも、自社の業種や業態によって実は重きを置くポイントが違ってきます。また、自分たちがどの客層を中心に攻めたいのか、これによっても違うんですね。

CRMによって、例えば休眠している顧客を起こしたい場合、期間を決めてその期間購入していない顧客をまずセグメントすることで、休眠顧客のみを絞り出します。そして、過去の購入履歴から、それぞれの顧客が購入したことのある商品、それに近い商品、新商品の提案をメールやメルマガで行うんです。そしてここからですが、顧客のモチベーションを上げるための施策をするわけですね。前回からの購入期間が空いてしまった方に特別なクーポンを差し上げます!とか、もう一度初回限定価格での購入が可能ですよ!など、最初に買ってくれた時の気持ちを呼び覚まし、また購入したくなるように策を練るわけです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>