MAとの違い

SFAを語る時、必ずと言って良いほどMAの話題が出てきますよね。MAとはMarketing Automationのそれぞれの単語の頭文字を取ったもの。その名称通り、マーケティングを自動化しているツールです。

そしてSFAはSales Force Automationの頭文字を取ったもので、主に営業マンの業務の効率化などをサポートできるツールです。

私の勝手な解釈では、営業マンが見込み顧客を見つける段階でMAをまず使い、そこから導き出された結果を元にSFAを活用して見込み顧客獲得に動く、という感じ。なので、SFAの活用前にMAを使う、ということになります。

新規顧客獲得のために、営業マンは場当たり的に営業に行っても、話しを聞いてくれるのはそのうち何件でしょう。その前に、ウェブからの情報、問い合わせ情報、メールの開封率やクリック率などすべての顧客の情報を一元管理し、そこから最も見込みのある顧客を導き出し、その顧客に絞って営業をかけていくわけです。もともと何らかの製品に興味があるわけですから、話しを聞いてくれる確率もかなり上がります。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>