つながることができる!

名刺の管理ツールが広まっている理由の一つに、社内で名刺情報を共有し、つながることができる、ということがあります。

そもそもは、名刺をデータ化することで、いつも名刺を持ち歩かなくて良いようになる、欲しい情報がすぐに見つかるといった利点がこのツールにはあるんですが、データにすることで社内で情報が共有できる、これもまた大きな利点。そして、そこから知らない人とでもつながることが可能となるんです。
見込み企業にアプローチしたくても、自分には知り合いが一人もいない。しかし、隣の部署に昨年その企業の人との仕事の履歴があったことで、アプローチがスムーズに進んだ、こんなことが起きるんですね。

自分一人では不可能なことも、会社全体の人脈を駆使すれば、見込み顧客獲得も容易になるかも?^^

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>