とにかく業務を効率化

ネット記事に出ていたのですが、「可能な限り人手による非効率な作業をなくし従業員がスピード感をもって仕事ができる環境を用意する必要」とありました。今の仕事というものを象徴するような言葉だなと感じましたね。

残念な言葉である一方、働いている時間の長さが重要、と考えていた日本人にとっては、こういった大胆な改革というものは、これから必要なのかもしれません。

このような背景があり、SFAのような営業支援ツールは急速に広まっているんですよね。同業の会社が次々に出てきていて、新しい会社ほど最初から業務は効率化されています。また、さらに便利な機能がつけられていたり、別の視点から考案されたアイデアなども盛り込まれ、企業同士の競争は激化するばかりです。

さらに人手不足という危機も訪れています。私の住む町のコンビニのスタッフのほとんどは、東南アジア系の人ばかり。こんなにも日本人の働き手って少ないのか、と毎日のように感じています。こういった中では、どうしても冒頭のような改革は成すべきことであり、達成されなければいけないことなのでしょうね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>