顧客情報と営業活動情報

CRMとSFAは同じ営業支援ツールとして混同されやすいですし、SFAの中の一つの機能としてCRMが入っていたり、その逆もあるようです。どちらも営業支援してくれるんでしょ?と言われればそうなんですが^^この2つの違いを分かりやすくするには、管理する対象が違うということでしょうか。

最も簡単に、そして分かりやすく言うと、CRMは顧客の情報を、SFAは営業活動の情報を管理するもの。ね?かなり違いますよね。

会社が日本各地に散らばっていたり、販売チャネルが複数ある場合に、顧客情報はそれぞれの場所に散在していますよね。これらを一元管理することができるのが、CRMなんです。

さらに、一元管理できるようになり、顧客を個別に扱うことが可能となるため、それぞれに合った販促が可能となります。客は自分が欲しいと思っていた潜在的な欲求を満たしてくれるため、この会社に愛着を感じたり親近感を覚え、さらにこの会社で商品を購入しようとしてくれます。顧客満足度の向上、これが実現できるのがCRMなんですね。

参照URL

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>