堂々と出来ていれば^^

テレビの法律相談で、上司が部下たちの行動をずっと観察し、トイレに何回、合計何分行っていたかとか、廊下に出た社員を別の社員に偵察させ、誰と電話をしていたか、何分話していたかを確認。そしてそれらを本人に注意し、罵倒する。社員の行動をここまで管理するのはいかがなものか、法律に触れないのか、といった内容のことが出ていました。

これを観て思い出したのが、SFAを営業マンたちが嫌がる最大の理由でした。営業マンたちも、自分たちの行動を管理されるだろう、と見越してSFAを導入したくないわけです。毎日日報には自分の営業行動を記録していかないといけません。必然と、自分が何時に会社訪問し、何時に出たのかが記録として残り、サボっている時間も分かってしまうんですね^^

しかしSFAは営業情報を管理するためのものであり、営業マンの行動を管理したいわけでは無いということ。さらには、業務中の行動を上司や他の社員が知ることは、当たり前と思う事が大事ということ。なので、行動管理をされても恥ずべき行動をしていなければ堂々としていて良いのではないでしょうかね^^

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>