接触時間と売り上げは大いに関係する

SFAを導入したことで、営業マンから顧客との接触時間が減ってしまって困る、と聞いたことがあります。これは大変な事態です。もし、このまま接触時間が減ったままであれば、この会社の売り上げはかえって減ってしまうでしょう。

その理由は明らか。顧客との接触時間と売り上げは大いに関係し、時間が長ければ長いほど、売り上げは上がる、という報告があるんです。だらだらと時間だけをかけた営業が良いと言っているわけではありません。効率よく見込み顧客のところを回って営業を取ってくる。この時間が減ってしまっては、SFAを導入する意味は無いわけですね。

そもそも、なぜSFAを使うと接触時間が減るのか。それは入力する時間が長いということにあります。ひとつの営業が終われば、SFAに営業プロセスを入力していくことになります。

しかし、1件に対して30分近く入力時間を取られれば、1日の営業回りは1件~2件減ってしまうでしょう。ここまでしてもSFAを使う意味があるのか。難しい判断を迫られそうです。

スケジュール管理方法

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>