ユーザーの関心がどこにあるのか

ユーザーの満足度を向上させることで、ユーザーはモチベーションをキープして同じショップや会社のものを購入してくれます。しかしそれも期間限定と言っても良いかもしれません。そのうち、ライバルの会社が出てきたり、製品に飽きてしまう可能性だってあります。

そこで、ユーザーの関心がどこにあるのかを、常に把握しておかないといけません。CRMやカスタマーセンターなどのお問合せなど、ユーザーのすべての情報を管理してそこから導き出されたデータ。これらからユーザーに最適な情報を最適な時期に提供すること、これが重要になってくるんですね。

とくに、提供した後に反応があったユーザーは購入の見込みが高く、問い合わせなどがあればさらに高くなります。このようなユーザーをターゲットにしても良いですし、反応が全くなければさらに広範囲の情報を提供して囲い込みをかける。このような営業活動が必要になってきます。

また、こういったこともすべて情報として管理していけば、これ以降の営業活動にも役立つデータとなるんですね。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>