属性情報のほかにも

CRMでよく言われる顧客の情報管理。私たちがすぐに顧客情報と聞くと、顧客の名前や住所、電話番号といういわば個人情報をイメージしますよね。でも、CRMの世界ではそれ以上の幅広い情報を指しているんです。

これまでにその会社から購入した商品、購入金額、購入回数は当たり前。もしホームページを持っていたらそこへの訪問回数。ネットショップであれば、購入商品以外のページの閲覧、閲覧時間、比較した商品など。また、カスタマーセンターやお問合せへの質問やクレームの内容。そして、CRMによっては他の企業のツールと連携して、その会社以外での顧客の行動までも情報として入手している可能性もあります。

結局、私たちの消費に関わる行動すべてが、すでに情報として蓄積され、企業や会社はそれを分析しているということなんですね。

次に私たちが何を欲しがるのか、いつぐらいに購入した商品が無くなるのかを分析し、それに合わせたメール、メルマガ、クーポンの発行などをCRMを活用してアプローチする。最適なタイミングで私たちに接触できるには、このような背景があったわけです。

マーケティングソリューション紹介

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>