客の方が優位になっている

企業から見れば客の方が優位になっている、という状況は嫌なものかもしれません^^しかし、同じ業種の会社が増え、同じ商品を扱うネットショップなどもあって、客は自由に選び、比較することが可能になってしまいました。すると、企業は「ぜひとも自社で購入ください」と、客を下から目線で両手を擦って迎える・・ということになるんですね^^

しかしそれだけでは客は商品やサービスを買ってはくれません。その企業のオリジナリティも求められているんです。価格は質はすでに他社と同じです。ということは、客に対してどのような対応ができるのか、客が喜ぶような、この企業を使って良かったと思えるような満足感をいかに提供できるか、ここにかかっているんですね。

そこでポイントになるのがCRMです。CRMを導入している企業とそうでない企業では、やはり客を満足させる質が違っているんです。本当の客のニーズを知り、商品やサービスだけではなくて情報も随時提供していくようなことが、大切になってくるんですね。

GRIDY名刺CRM

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>