管理者も使っていくことが大切

SFAの活用のために様々なポイントが挙げられていますが、営業担当者だけがSFAを活用してもうまくはいかないようです。彼らを管理している管理者も一緒に使っていくこと、これが重要だと言われているんです。

SFAに日報や営業情報を入力するのは営業担当者。現場のスタッフが実際に営業でどのような話をしたのか、取引先からどのようなことを言われたのか、これら営業プロセスも入力することが可能です。ただ、せっかく入力したものを管理者がサッと目を通すだけでは営業担当者の入力作業は長続きしないんですね。双方でSNSのようにコミュニケーションを取らなければ、営業担当者のモチベーションは次第に薄れてしまいます。

また、実際に自分でも入力作業を行ったり分析をすることで、導入したシステムが本当に営業担当者たちが使いやすいものになっているのか、機能は十分に使いこなせるのかがわかるようになります。口頭でシステムを使え使え!と言っても、自分が使えなければ誰も付いてきてきれないわけですね^^

参照URL

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>